1219964
啓成高校3期生とその仲間たち

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

迷惑投稿が出来ないようにする為に下記の設定をしました。ご協力をお願いします。

名前・メールアドレス等と投稿文の全ての記述欄に下記の半角英文字を含む記述をしないで下さい。
「a」「b」「c」「d」「A」「B」「C」「D」

エラーをおこし投稿出来なくなるように設定しました。(全角英字はOK)

同期会のお知らせ  投稿者:たむらむらむら♂♀ (田村) 投稿日:2006/03/05(Sun) 21:16 No.807
patam10104.gif 先日 発起人をOKして頂いた方に集まっていただき発起人会を開催しました。

前回の同期会が5年前。
このHPのアンケートでも今年開催を希望する方が多く、何とか10月に開催しようと意見が一致。

会場の札幌パークホテルは確保。
2次会も笹川氏に快諾してもらいエルカーサを確保。
(エルカーサはカラオケ店で3階を全て貸切にしてもらいます。50名×2室)
1室はカラオケ。もう1室はお喋りルームかな?その日の雰囲気でやります。

アンケートに回答して頂いた内容を参考にしながら進めていきます。

「イベント情報」に記載の通り、6月頃に案内状を郵送します。

多くの方の参加をお待ちしております。


お久しぶり  投稿者:酒井のひろちゃん 投稿日:2006/03/04(Sat) 10:31 No.803
mkao035.gif いや〜お久しぶりです!                     関東ではもう桃の香りと梅の香りがほのかに漂う          僕の衰えた官能をも刺激する春の季節になりました。        (ピンクのパンティ大好き!!)

そん名な時、僕の異動が決まりました。
「徳島に行って泡踊り!じゃなく阿波踊りをしてらっしゃ〜い!」                                  「ひえ〜と遠すぎるぅ。四国は遠すぎる。」            東京、旭川、富山、盛岡、伊豆、横浜、東京そして徳島       こうなったら、沖縄、山口、あたりで完結ですかね?
今度で12箇所目の職場です。                                                  落ち着きのない助平なこの性格は転勤によって
培われたものなのか?
そうだ!!近くに中川がいるから啓成近畿・四国ブロック      を作りましょーっと。

中川よろぴくね〜。 
    

   
                                            
       




Re: ようこそ関西へ!  クチ(中川信一) - 2006/03/04(Sat) 15:52 No.804

bakuturisi.gif はいは〜い♪
ようこそ関西へ。

四国徳島は自然たっぷりで名所旧跡も多く散策にも最適ですよ。

大塚美術館などもありますし・・・でも美的感覚とは縁遠い酒井向きではないかも・・。

隣の高松には夜に開園(?)する動物園もあるしね♪

及川の夜の仕事(?)での出張とか合田の大阪上陸(?)に合わせて是非とも大阪で合流しましょう!

でも、あんさんも関西キャラやから騒がしい飲み会になりそうやねぇ〜♪


ん・もぉぉ〜  投稿者:クチ(中川信一) 投稿日:2006/03/03(Fri) 21:40 No.802
bakuturisi.gif 今日、大僧正から電話ありましたぁ。

大僧正「いやぁ〜この前は大阪でお世話になりましたねぇ〜ムフッ♪それとお土産に貰ったチョコ有難う!カミさん喜んでいたよぉ♪」

クチ「本家(?)の奥さんに喜んでもらって、そりゃあ良かった!・・で、それ以外に渡したお土産のチョコは、ちゃんと言った人に渡してくれた?」

大僧正「エ?・・誰だったっけぇ?・・・?」

クチ「んもぉぉ!あの人とこの人と・・・言ったっしょ!」

大僧正「アレェエエ?・・・??」

・・・という事でチョット珍しいチョコを大僧正に託したのですが託した人が悪かった・・!

きっと大阪の翌日に九州に行くといっていたから博多の女性に・・・なんだろぉなぁ!

気をつけよう 託した土産の 流れ先・・・テカ。。。


18歳未満禁止じゃなかったの  投稿者:三期松 投稿日:2006/03/03(Fri) 08:37 No.798
icon13.gif いやぁ、今回の駒大苫小牧の件まで知りませんでした。

禁止だったのね。お酒もたばこも20歳を過ぎるまで。
いやたばこは20歳を過ぎてからっていうのは
知ってたけど、ほら、酒はねぇ。
てっきり18歳以上、っていうか高校の卒業祝いは、
お酒でっていうのが常識と思いこんでおりました。

最近、法律が変わったのかと思ったら、
俺たちの時代どころか明治時代からある未成年飲酒禁止法
ってのがあるんだってさ。

すいません。
息子が高校を卒業したらすぐにでも
一緒に飲み交わそうと思ってた私が間違っておりました。

駒大苫小牧の場合、また出場の是非が問われるんだろうけど、
卒業式後の飲酒って一般的な光景だよね。
該当者は既にOBなわけだし・・・・。
どんな判断が下されるのかねぇ。




Re: 18歳未満禁止じゃなかったの  さんきち - 2006/03/03(Fri) 12:49 No.800

家の息子は去年、高校を卒業したけど、自分の意志で20になるまで
酒は飲まないって貫いている。

わしら夫婦の子供だから「飲める」はずなのに。
(でも、飲めとは言えんわな。)
コンパではジュースで酔っているって。

そう言えば卒業の日の夜は盛り上がった記憶があるよねぇ。




Re: 18歳未満禁止じゃなかったの  ぼっこ(小林) - 2006/03/03(Fri) 16:56 No.801

mkao025.gif おいおい、駒大苫小牧が選抜出場辞退しちゃったよ。
夏春連覇が消えちゃったよ。

何?ケジメだって?
まだ3月とはいえ、卒業しちゃった部員の飲酒喫煙だろ?
いいじゃんね、別に、在校生じゃないんだから。

卒業生の素行まで響くとなると、
宮崎の卒業記録がある限り、啓成は甲子園行けないじゃん。


十勝日誌 (へそくり)  投稿者:さんきち 投稿日:2006/03/03(Fri) 12:42 No.799

当地での単身生活にも慣れた2年目の春。
この頃には、さすがにやりくり上手になってきた。
(正確にはそう思っていた。)

でも生活費は月※万円。(当然一桁じゃ)
使い切りの生活で、余裕などはありゃしない。

このため一念発起、「へそくり」をつくろうと決心した。
とりあえず1日500円を目標!
タバコを減らし、食費も切りつめ、辛抱すること半年。
冬にはその甲斐があって少し蓄財ができました。

・・と、その頃たまたま、釧路から元の職場の同僚2人。
(こいつらには前に釧路でオゴってもらったよなぁ・・今度は・・)
1軒目の居酒屋は定番で金額的にも想定内で終了・・・。
2軒目は地元の者と行ったことのあるスナック。(何とか想定内)

そこを出た後、客人達は、「もう一軒行こう!」
(ありゃ〜困った。スナックなどは、もう知らんヨ〜)
分らんけど、寒い。とにかくどこかに入ろう・・ってな訳でどこかに入った。

「あ〜ら、久しぶり」(始めてなんだけどなぁ・・何んだか高級そう・・)
「ボトルの名前、何だっけ」(あるわきゃないよ)
ネエチャンは入れ替わりで、わしらの酒を飲む・・・
「チーズ盛り取ってもいい?」「○○美味しいのよね!」「唄いましょう!」

約2時間後、「おあいそ・・・」
「ウイスキー2本目入れたから◎万△千円ね!」(ヒエ〜!)
客「割り勘にしよう」
私[(一応)いいよ・・」(もう一声!)
客「そうか悪いなぁ・・」(ありゃ〜・・)

結果、半年かけてコツコツ貯めた「へそくり」は、1夜にしてパーとなる。
その翌日から蓄財の意欲も無くなり、また使い切りの生活に戻っていました。
(わしゃヤッパリこの方が合ってるんじゃい!)

追伸:ボトルは半分残ってたが、その後、そのスナックには行ってない。
    当地へお越しの方はどうぞご自由にお飲みください。
    (ついでにその頃詠んだ一首)
    きらきらと ネオン輝き 千鳥足 釧路の客で 運の尽きかな
                         (つづく)


ガソリン代  投稿者:ぼっこ(小林) 投稿日:2006/03/01(Wed) 10:59 No.794

みんな、子供が車を使う時、ガソリン代ってどうしてる?

おれは、近場に買い物くらいじゃ別に気にしないけど、
遠くへ行った時なんかはガソリン代払えって言うことがある。
だって余計に小遣いを与えているようなもんだろう?
友人も一緒だと、なんで他人の子供の交通費まで面倒みなきゃいけないんだ、とも思う。

おれ自身、大きくなった時には家に車がなかったので、
この辺の感覚がよく分からんのだ。




Re: ガソリン代  手品師(北沢) - 2006/03/01(Wed) 14:54 No.795

ん〜!掲示板、久しぶり!
ん?「この辺の感覚がよくわからんのだ」はぁ〜?
そういう問題じゃないんじゃない?
近くだろうが遠くだろうが子供が使ったガソリン代は子供だろうよ!
だいたい教育上よくないぞ!
俺の周りにもよくいるよ親のものバンバン平気な顔して使うガキそんなそんなガキが将来、会社の物私用で使ったり、会社の金でバンバン飲み食いしたり、親の遺産あてにしたり、ろくな中年にならねんだよ!




Re: ガソリン代  三期松 - 2006/03/02(Thu) 10:27 No.796

icon13.gif 傍にいて、甘えてもらえるのも、
なんか最近うらやましいような。




Re: ガソリン代  さんきち - 2006/03/02(Thu) 12:13 No.797

我が家は子供3人共運転するけれど、そう言えばガソリン代とったことないねぇ・・。
近所でしか乗っていないのでガソリン代という程にはなっていない。
でも、結構友達を乗せているので事故の責任が心配ですよ。

どちらにしても長距離の場合は友達に割り勘を求めてもいいんじゃないかな。
我々だって、ゴルフなどでも原則そうしているからね。


十勝日誌(豚丼)  投稿者:さんきち 投稿日:2006/02/22(Wed) 12:42 No.789

帯広では豚丼が名物の代表格と言われている。
食い道楽の私は当地へ来て間もなくの夜、専門店へ。

「エェ〜ッ!(5〜600円のつもりが)並でも千円!!」  
・・・頭が混乱して、1500円の特上丼を頼んでしまった。
美味しくて、あっという間に平らげてしまった。
「美味しかったぁ・・けど高かったなぁ・・わしにもつくれんかな・・」

翌週、札幌の自宅に帰った時、
妻に「1500円もする特上豚丼を食べたゾ!」
  「自分でもつくったけど、やっぱり専門店には敵わないゾ」と話した。
すると、妻は
「それでは・・」と昼食に「豚丼」をつくってくれた。
それがまた何とも素晴らしく美味しかった。

わしは「専門店の特上と同じ、すごい! わしにはとても・・」
・・・と大いに妻を褒めちぎった(つもり)。
すると妻は
「誰がつくっても同じよ。」と、さらりと言ってのけた。

しばらくの間、単身の私にとって札幌へ帰った時の妻の豚丼は楽しみなものとなった。

・・その後、食べる回数は徐々に減っていき、
更に、特上豚丼を食べたあの夜から2年以上も経ち、
その味も半ば忘れかけようとしていた。

しかし、何故か気になり、ふと思いだしては、
「本当にあの夜の特上豚丼は、妻のそれと同程度のものでしかなかったのだろうか・・」
と考えるようになった。

そして「妻の豚丼も良いけれど、もう一度あの特上豚丼を食べてみたい・・。」
   (でも高い・・無理じゃ・・)
更には「あの夜の特上豚丼は、やはり妻のそれよりも旨かったのではないか・・」
     (せめて良く味わっておけば良かった)

今やまるで・・ふと昔の、つかの間の恋人を思い出した時のような・・
       半ば憧れのような気持ちになりつつある・・。
     (あの娘も良く味わっておけば良かった)

でも・・・
「いやいや・・あれは一夜の間違いだったのだから・・」
「特上豚丼にはもう二度と会わない方が良いのだ・・・」
・・と自分に言い聞かせているのです。
(つづく)




Re: 十勝日誌(豚丼)  三期松 - 2006/02/23(Thu) 10:20 No.790

icon13.gif 架空対話
M:これさぁどう思う。

Y:ヘッ?なんですか。ちょっと見せてごらんなさい。
   あれまぁ、こんなものあなた、浮気の報告に
   決まってるじゃありませんか。

M:やっぱりそう思いますか。

Y:私の単身赴任経験から言っても間違いありません。

M:あら、やだ。このしと断言しちゃったよ。まぁいいけど。
  つまりその、
 “食い道楽の私は当地へ来て間もなく夜の専門店へ”
 ここですね。

Y:原文では“間もなくの夜、専門店へ”となってるんですけど、
  これは意図的なもので確かに“夜の専門店”が正解ですね。

M:で、思った以上に高かったけどおいしかったと。

Y:予算の3倍だったけど、とっても良くて早く終わってしまったと。

M:そう読み解くとその後の奥さんとの展開にも、
  当事者の素直な性格が現れてますなぁ。

Y:悲しい動物なんですね男って。
  特に最後の3行にその哀感が表れてますねぇ。
 「本当にあの夜の特上豚丼は、
  妻のそれと同程度のものでしかなかったのだろうか・・」

M:深い!

注:本文はあくまでも架空のものであり、文中に登場する
  モデルは特定の人物を指すモノではありません。




Re: 十勝日誌(豚丼)  クチ(中川信一) - 2006/02/23(Thu) 10:57 No.791

bakuturisi.gif う〜ん♪
尾も白い!




Re: 十勝日誌(豚丼)  さんきち - 2006/02/23(Thu) 18:40 No.792

夜の専門店・・さすがの三期松氏。
でも
イメージが膨らみ過ぎて、ちょっと意味深に書き過ぎたような気はするけど・・。
本当に豚丼以外の何者でもないんじゃけどなぁ・・。


十勝日誌(豚丼と六花亭)  投稿者:さんきち 投稿日:2006/02/15(Wed) 12:48 No.778

帯広の名物は豚丼? 当地は豚の特産地でもないのに何故だろう。

それは十勝開拓の創始者「依田勉三」が「開拓の始めは豚とひとつ鍋」
という句を詠んだことにヒントを得てつくり、評判になったのだそうです。

依田は静岡県から十勝への移民団(晩成社)を結成し、会社組織の集団農場経営でこの地を開拓していったそうです。

小麦、ビート、小豆、酪農(牛乳、バター)の産地である十勝の一次産品を組み合わせると、美味しそうなお菓子ができると思いませんか?

これらの優れた素材を生かし、十勝では六花亭、柳月、千秋庵(千秋庵も元々帯広)などの本道を代表する菓子メーカーが誕生したのですが、そもそもこの基礎つくったのが依田勉三ということになります。

ちなみに本題の「十勝日誌」というのは(三期松氏が前に書いてくれましたが)探検家、松浦武四郎の日誌の第一巻の名前であり、六花亭は箱詰め菓子の商品名でもあります。
(マルセイバターサンドやひとつ鍋の詰め合わせ)

その中の「ひとつ鍋」という和菓子も、先の「依田勉三」の句をモチーフにしたものです。
(鍋の形をしたモチ入りモナカでこれがまた美味しい)

マルセイバターサンドの「マルセイ」も晩成社の成の字を○で囲んだ屋号で、そこでつくっていたバターを「マルセイバター」の商品名で販売していたそうです。
また、包み紙のクラシカルな模様も当時のバターのパッケージ絵柄だそうです。

でも飲んべいで、食い道楽(・・と図らずも言われる)自分にとっては
、酒に合う
うならせるような料理にはいささか乏しいと思っています。

でも回りからは・・
  「十勝は野菜、穀類の他、港にも近く魚介類も新鮮だゾ!」
  「池田ワインは美味しいゾ!」 と言われ
結果として・・
  「金欠で豚丼くらいしか食ったことないんだろ」と言われています。
  (そうじゃ! 当たっとるワイ!)
         (つづく)次回はその豚丼に迫ってみようかい!




Re: 十勝日誌(豚丼と六花亭)  三期松 - 2006/02/17(Fri) 08:58 No.784

icon13.gif 豚丼?
“とんどん”でいいの?それとも“ぶたどん”と読むの?

飲んべいで、食い道楽(・・と図らずも言われる)の三吉は
単身でのびのびと豚丼

節酒&ダイエット中の私は
ひっそりと“ケンタイキフライドチキン”

50男の人生は様々ですなぁ。

余川よ。富山の海産物はおいしいかい。




Re: 十勝日誌(豚丼と六花亭)  さんきち - 2006/02/20(Mon) 08:37 No.788

ありゃ、何でも知ってると思ってた三期松殿に落とし穴が・・
そりゃ「ブタドン」ですよ。
豚丼でのびのび??
もう少ししたら、豚丼の思い出を書きますヨ。

栗谷川さん、千秋庵・・そうですか、そこまで知らんかったばい。
ありがとさん。
            では では


鼻血・・?  投稿者:クチ(中川信一) 投稿日:2006/02/15(Wed) 08:52 No.777
bakuturisi.gif 会社で鼻血が・・!

チョコの食べ過ぎか・・?
それとも春のような暖かさのせい・・?

いえいえ、昨晩オリンピックを見ながら鼻をほじくったせい・・?




Re: 鼻血・・?  ぼっこ(小林) - 2006/02/16(Thu) 17:49 No.779


赤い玉…だな。




Re: 赤い玉・・?  クチ(中川信一) - 2006/02/16(Thu) 19:06 No.780

bakuturisi.gif 赤い玉・・・?・・!?




Re: 鼻血・・?  三期松 - 2006/02/16(Thu) 19:23 No.781

icon13.gif 出ちゃった…のか遂に。




Re: 赤玉  ひら - 2006/02/16(Thu) 20:27 No.782

122.gif そうですか・・とうとう出ましたか・・・
長きに渡りお疲れ様でしたね、くちさん。
ゆっくりお休みください。




Re: ・・?  クチ(中川信一) - 2006/02/16(Thu) 21:03 No.783

bakuturisi.gif 赤い玉って何でっしゃろぉ?

来週、大阪に大僧正が来られるから聞いてみよぉお!




Re: 鼻血・・?  ぼっこ(小林) - 2006/02/17(Fri) 13:14 No.786


普通は下から出るんだが、
口や鼻が卑猥な形だと、稀に上から出るらしい。




Re: 鼻血・・?  三期松 - 2006/02/17(Fri) 13:41 No.787

icon13.gif 卑猥な形だと上から…!?あっ、なるほどね。
使いすぎですな。


千秋庵のルーツについて  投稿者:栗谷川 徹 投稿日:2006/02/17(Fri) 11:18 No.785

千秋庵の成り立ちについて、やや誤認が有るようですのでーーー。
1860年に秋田藩士の佐々木なにがしが函館に開業した和菓子店(現千秋庵総本家)が起源となり、1894年小樽千秋庵、1919年旭川千秋庵、1921年札幌千秋庵、1933年帯広千秋庵、1934年釧路千秋庵とそれぞれ「のれんわけ」をしていった模様。ちなみに帯広千秋庵(現六花亭)と札幌千秋庵は遠戚にあたる。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y19 :Edit by Yamamoto -